レーザー脱毛光脱毛どちらがいいのか?

どちらも一長一短なのが真実

光脱毛はダメなのか?

よくQ&Aサイトやレーザー脱毛をやっているところで、光脱毛はまた生えて来るから本当の脱毛ではない、ただの除毛です、永久脱毛は医療機関の脱毛だけなどと書いています。これは一部真実も含まれていますが、結局は宣伝広告が混じっている書き込みがほとんどなので、全てを信じてしまってはいけません。女性の脱毛では相当多くの人が光脱毛を受けていますし。最近は男性専門の光脱毛サロンも出てきていて、利用する人もうなぎ上りです。
本当に光脱毛が効果がないのであれば、何十万と言う人が受けているわけですから、社会的な大問題になっているはずです。ですから、光脱毛で脱毛が全くできない、やっても意味ないというのは実際に受けて効果がなかったという人もいるでしょうが、大多数の人はある程度効果が出ていると言えるといっていいと思います。

医療脱毛は安全なのか?

脱毛が大人気で、レーザー脱毛も多くの人がやっています。しかし、医療機関で全国展開しているようなところは稀で、キャパシティーは大きくありません。そして医療行為ですから基本医師立ち合いの元か、医師直接照射する場合もありますが、脱毛を多く手掛けるクリニック看護師が行うところもあります。それ自体は別に問題ありませんが、良く知識もない看護師が照射し、マシーン調整や照射が知識不足で効果があまり出ていないなどといった話もあります。医療機関だから大丈夫と言う認識は危険かもしれません。過去には、火傷や肌に跡が残ってしまったなどといったトラブルも報道されたこともあります。

どちらにしても実績のあるところで受けるべき

医療機関でも、脱毛サロンでも、実際にたくさんの人の脱毛を行っていて、実績があるところからます゛はピックアップするべきでしょう。特に医療機関はレーザーはとても危険な機械なので、脱毛の実績をおおく 持っているところにしましょう。光脱毛はそんなに難しい技術ではないので手技はさほど必要とされませんが、それでも経験を積んださyk 方が安心でしょう。

広範囲なら光、狭い範囲ならレーザー

確かにレーザーは少ない回数でだつもうができる可能性があるので、狭い範囲の脱毛であれば、一番適していると思います。例えば口ヒゲ、鼻ひげなどしつこく何度も生えて来る強力な毛の脱毛にいいと思います。ただし痛みが強いのは覚悟して受ける必要があります。医療機関はクーリングオフは効かないので、契約したらなかったことにはできませんし料金も高いので出来れば単発や体験コースで痛みを体感してからにしましょう。
広範囲になると料金もかかりますし、痛みに耐える時間も長くなるので、光の方がお勧めです。同じひげでも、頬やもみあげまでの脱毛となると、医療脱毛の場合は料金が跳ね上がります。ですから、ヒゲ以外の脱毛もする場合は、全部レーザーだと痛みも辛いし、料金がかかるので懐も痛くなりますね。

肌が弱いならば光がいい

医療機関ならばその場ですぐ対応できるから安心とおもうかも れませんが、肌の弱い人にとってレーザーはかなりダメージをうけます。いつまでも赤みや発疹がのこったり、ヒヒリヒリ感が残ったりする場合があります。職場に脱毛の度にマスクをつけていくなどしないといけなくなる人もいます。光の方がダメージは少ないので、普通の人はアフターケア、クールダウンをすれば痛みや隠すような赤みが数日出るようなことはありません。

関連ページ

ひげの永久脱毛をするにはどうしたらいいの?
ひげを永久脱毛するにはどうしたらいいのか?一番安くて、短期間で確実にできる方法はあるのか?など脱毛方法を比較して検討してみた。
ヒゲ脱毛の方法と選び方
ヒゲを脱毛したいと思う方に目的別の脱毛の方法をお教えします。もちろん料金や効果などのコストパフォーマンスも選択肢の重要なポイントです。
ヒゲのたニードル脱を体験してみた
とても痛いと言われるニードル脱毛を体験してみた結果分かったこと。耐えられないところと層でもないところがあった
ヒゲ脱毛Q&A
ヒゲの脱毛に関する情報。良くある疑問点や勘違いなどを取り上げています。脱毛に関する知識を得るのに役立つサイトの情報なども取りあげます。