ひげの永久脱毛をしたい方はこの方法がお勧めだ

ひげ永久脱毛をできるだけ安くするには?

永久脱毛という言葉の定義を厳密にしてしまうと20年位たっても毛が生えてきていない実績があるのは、ニードル脱毛ぐらいです。他の脱毛方法である、光脱毛やレーザー脱毛は海外を含めてそんなに長い歴史がないので、10年未満、多くは数年程度の経過しかないからです。永久脱毛をするという施術自体は、医療機関でしかできない行為ですので、医療機関でやっているレーザー脱毛しかありません。

ただし、実際に生えて来なくなるという点だけで見れば、光脱毛も繰り返し行えば同様の効果は得られますし、またレーザー脱毛でも、二度と生えて来ないとは言えず、個人差があり、20回ぐらい照射しても生えて来る人は生えてきます。
ということを前提として、できるだけ安い方法でひげを生えて来ないようにするという事を考える場合は、「光脱毛」でいいと思います。光脱毛と言っても、機械の種類や光源に使われているものなどで色々な呼び方をしますが、抗議の意味で、エステサロンや脱毛サロンで使われているマシンでの脱毛という事です。
料金的に安いところでは、10回で8万円前後で顔全部の照射ができます。レーザーで顔の部位全部となると、この3倍近くになってしまうと思いますので、料金的には光脱毛でしょう。たたし、照射したところからの再生の確率は高くなりますので、15回から20回程度は照射しないと不安ですので、そのぐらいの予算を始めから考えておきましょう。

できるだけ早く脱毛するにはどの方法?

少ない回数でとなると、やはり破壊力の強い、医療レーザー脱毛がいと思います。5〜6回で8割がた脱毛できてしまう場合もあり。2ヶ月おきに通えば1年ほどで完了します。ただし個人差があるので、10回、15回と回数をこなさないとまた生えてきてしまう人も当然いますので、レーザだったら必ずしも早いとは言い切れず、あくまで平均的な話でのことです。

早い分、料金は高くなりますし、脱毛専門になっているクリニックはどこにでもあるわけではありません。また痛みもとてもつよいので、苦痛はおおいと思います。
また、直ぐに結果が欲しいという場合は、ニードル脱毛という手もあります。その場で何百本というひげを抜くことができます。つまりやったその日に髭が減るという事です。
光脱毛やレーザー脱毛の場合、10日前後で抜け出します。中には1回ぐらいでは抜けない人もいます。その場でひげが減るわけではないので、即効性はないのです。
ただし、ニードル脱毛のばあい、1本ずつ処理しますから、1時間で脱毛できる本数は限られていますので、たくさん髭が生えている人は当然全部脱毛するまでは何度も通わないといけない事になり、処理で時間も長くなります。そして処理中の痛みもレーザーとは違った痛みがあります。

関連ページ

メンズ脱毛サロンの脱毛と医療レーザーどちらがいいのか?
ヒゲを脱毛したいけれど、医療脱毛が良いのか脱毛サロンの光脱毛がいいのか悩んでいる方に、その長所短所を比較して選びやすいいようにまとめています。
ヒゲ脱毛の方法と選び方
ヒゲを脱毛したいと思う方に目的別の脱毛の方法をお教えします。もちろん料金や効果などのコストパフォーマンスも選択肢の重要なポイントです。
ヒゲのたニードル脱を体験してみた
とても痛いと言われるニードル脱毛を体験してみた結果分かったこと。耐えられないところと層でもないところがあった
ヒゲ脱毛Q&A
ヒゲの脱毛に関する情報。良くある疑問点や勘違いなどを取り上げています。脱毛に関する知識を得るのに役立つサイトの情報なども取りあげます。